EVOのマブカプ3の大会を見て思ったこと

 

EVOのマブカプ3の大会を見て思ったこと

最近の格闘ゲーム、特にスーパーストリートファイター4というタイトルについて色々とチェックしてみた。
格闘ゲームは、日本で始めての格ゲープロであるウメハラダイゴが誕生してからかなり人気なってきているようだ。
去年開催された世界大会、EVOというロサンゼルスで開催されたイベントが生放送でストリーミングされていたので、
その大会もしっかり見させてもらった。

 

ストリートファイターだけでなく、マーブルバーサスカプコンや、キングオブファイターズの新作、
変わり種としてスマッシュブラザーズまであった。
それぞれのイベントは、白熱していて面白かったが、マブカプ3がかなり熱かった。
マブカプ3には、日本のトッププレイヤー根元が参加していたのだが、周囲の期待に添えなく、あっけなく敗退。
これは仕方のないことだろう、大会は緊張がつき物だし、
かならずしも実力通りの結果に終わるとは思えないのだから。
しかし、実力はあるので、大会後のマネーマッチで、
現地のトッププレイヤーを根こそぎ倒して、賭け金をごっそり頂いたらしい。
なんとも、強いというか、エグいというか、強者らしい行動ともいえる。
ある意味日本のメンツを保ったと言えるのだろうか?
今後大会に出る機会があるのなら、ぜひとも応援したい一人である。